賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸にはマンションやアパートがあり、さらにはコーポやハイツなどなど呼び名がたくさんあり、何がどう違うのか分かりにくい、知りたいと思うことがあります。結論から言いますとマンションやアパートなどの明確な違いや規定はありません。不動産会社が相手側見せる際にマンションやアパートなどと表記しているというのが多いのです。一般的には低層物件で準耐火の軽量鉄骨構造や木造などをアパートとしていることが多く、集合住宅などがマンションと呼ばれることが多いようです。おそらく誰もが何となく思っていることだと思いますが、マンションの方が「しっかり」としているというイメージがあります。アパートというと家賃が低く、建物もこじんまりとしているようなイメージがあるかもしれません。

賃貸のマンションとアパートどちらがお得でしょうか。メリットとデメリットはそれぞれあります。家賃が高い低いだけで言いますと、同じ築年数であればマンションの方が高いところが多いようです。アパートのメリットは低賃金で駐車場も安く借りられるとう点です。マンションのメリットは設備と安全面が整っているという点があります。監視カメラやオートロックなどといったセキュリティ面も充実した物件が多いのも事実です。

Copyright (C)2016賃貸マンションとアパートの違い.All rights reserved.