賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸とマイホーム、メリットはどちらについて

賃貸物件を借りて暮らしていくということは、毎月家賃を支払って住む暮らしをする、ということです。家賃を毎月毎月支払っても、当然のことながら借りている家なので、いくら払ったところで住まいは自分のものにはなりません。その経験をしたことがある人ほど、自分の家を持つために支払う住宅ローンに切り替えようと思うのではないでしょうか。賃貸物件から持ち家へという流れが出来上がるのは、こうしたもったいないと思う気持ちが背中を後押しすることが多いと思います。そういう意味では実際に家賃を支払う賃貸物件に暮らしたことによって、新しい一歩が踏み出せた、とも言えるでしょう。

ただし住宅ローンは何十年にもわたって払い続けるものですし、その間、もし給料が減ったら、とか、ボーナスが出なくなったら、とかいった不安も考えてしまうでしょう。その点では借りて住む住まいであれば、収入が減ったら家賃の安い物件に移ればよい、と割り切って考えることができて、いたずらに不安に悩まされることもないかもしれません。実際問題として、一生涯賃貸物件で暮らした方が、家を買うよりも出費は少ないとまで言われているくらいですから、それも検討材料にすべき時代なのかもしれない、と思います。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸マンションとアパートの違い.All rights reserved.