賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸派のかたにメリットばっかりをお話します

住まいと言うと、意外に「持ち家派」か「賃貸派」かはっきり分かれるところですね。お金に対する考え方の違いや、家という固定資産に対する意識の違いで、このようにはっきりと分かれるのかもしれません。賃貸派の有利な点は何をおいても、お住まいが自由なことでしょうか。転勤や結婚など、ライフステージの変化にも柔軟に対応してくれるから賃貸しか考えていない、という方も多そうです。でもそれだけではないんですよ。持ち家となってしまうと負担しなくてはならない固定資産税は支払い義務がありませんし、買ってしまった家は毎日少しずつ老朽化しますから、いずれは修理も必要になります。減価償却に対する費用もあらかじめ貯金しなくてはなりませんね。

また、賃貸だといずれ「連帯保証人を用意できなくて継続契約時に困る」と言う話もありますが、あれは結構アバウトな話で、連帯保証人も実はなんとかなります。親族などがおられない方などのために、第三者が連帯保証人となってくれるサービスがあります。審査書類なども難しいものではなく、煩雑でもないようです。以上のことから、賃貸派のかたには安心して、思いっきり楽しい賃貸ライフを送っていただきたいと思います。

注目情報

Copyright (C)2017賃貸マンションとアパートの違い.All rights reserved.