賃貸マンションとアパートの違い

賃貸マンションとアパートの違い

賃貸の敷金はあるほうが便利である

賃貸の敷金というのは一般的に初期費用は高くなるのでない方が良いと感じる人は多いです。しかし、賃貸に入居してから生活を始めて後々のことを考えると敷金はある方が便利です。なぜかというと、例えば仕事がうまくいかなくなって収入が減ってしまったり、出費が多くてお金に余裕がない場合など、家賃を支払うことが難しいケースがありますが、そんな時に敷金を支払っているならそこから家賃を支払うことができます。もし敷金がないとかなり困ることになります。

この敷金と同じように賃貸では礼金というのがありますが、こちらは無い方が良いです。むしろ、人によってはなぜ礼金を支払わなければならないのかと疑問に感じる人もいます。不動産を通して賃貸を借りると仲介手数料がありますが、仲介手数料支払っているのにさらに礼金まで支払うというのは納得がいかないこともあります。単なる昔の名残なのに未だに礼金があるというのは賃貸を借りたい人にとって大きなデメリットです。

初期費用を抑えたいなら上記を参考にして礼金や仲介手数料がない賃貸物件を探してみると良いです。逆に敷金についてはある方が入居してから便利なケースもあるので参考に覚えておくと良いです。

Copyright (C)2017賃貸マンションとアパートの違い.All rights reserved.